スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

<聡と銀>ねことFacebookと風呂。

銀「アニキ、久しぶりの更新ですぜ。」
聡「うむ、それはいいが、なんでカメラ目線なんだ?」

 
アニキだってそうじゃないすか。

まぁたまにはファンサービスもいいだろう。最近ダレすぎだ。

ファンて。。。

しかし、久しぶりの更新と言えど、ご主人のトレンドが別のSNSに移ってしまったから、こっちはまたおざなりになるだろうな。

あー、Facebookすか。

うむ。ブログよりお手軽だし、Twitter的機能もあってTwitterより画像が見やすい。何よりiPhoneとの親和性も高いからな。

あと、このブログより見てくれるヒトが確実に多いってのもありますね。

このブログを見てくれてる人は、ご主人が知る限り、T.I.氏とT.I.氏しかいないからな。

奇しくもイニシャル一緒。

それよりおまえ、元旦から災難だったな。

えぇ、ついに風呂に落ちましたよー。

風呂に落ちてこそ、一人前のネコだ。

どういう基準すか。

何を思って風呂にダイブしたんだ?

風呂蓋の上にいるアニキにくっつこうとして、風呂桶のへりにジャンプしたら勢いが付きすぎて跳び箱感覚で風呂に落ちました。

あほすぎるな。

んで、アッシを救出しようとしてくれたご主人の掌を、パニクってたんで思いっきり引っ掻いてしまいました。

なんか新しい手相が出来たとかワケワカランことをご主人が言ってたな。

その新しい手相のおかげで金運が上昇して翌日のパチで10万円ほど勝ったらしいすよ。

ポジティブシンキングだな、おまえもご主人も。


at 13:14, いたひろ, 聡と銀シリーズ

comments(0), trackbacks(0), - -

<聡と銀>ねこと去勢とヘラブナ。

銀「いやー寒くなりましたねー、アニキー。」
聡「・・・・。」


そういえばツイッターの「リツイート」の件はやっぱり済し崩しですか?


・・・・それよりも、なんか雰囲気が変わったな、銀次郎。


そうですか?


うむ、なんとなーくだけどな。なんかあったか?


いや、特に。。。あ、そういえば今日どこも悪くないのにご主人に病院に連れて行かれました。


あぁ、確かに長いこと銀の姿を見かけなかったな。


で、病院で急に眠たくなっちゃったんですけど、目が覚めたら股のあたりがスースーしてるんですよね。


なるほど、「アレ」か。もうそんな時期か。


え?なんですか?


いや、まぁ何だ、大人になるための通過儀式を終えたってことだ。


寝てる間にですか?何があったんですか?


ん、知るとちょっとヘコむから知らないままでいい。
で、今日のテーマはだな。。。


あー、やっぱりリツイートは無しんこっすね。。。


聡「これだ。」
銀「なんすか、この魚。」


ヘラブナだ。
ご主人が新しい釣りジャンルを開拓したのだ。


えー、ただのフナじゃないっすかー。


いや、ヘラブナ釣りはただのフナ釣りとは訳が違うぞ。


その辺の用水路にご飯粒つけてヒョイヒョイ釣れるわけじゃないんですか?


うむ、淡水の3大ゲームフィッシュの一つと言っても過言ではない。
バス、トラウト、そしてヘラブナだ(ご主人談)。


バス並みに戦略性が高いってことすね。


そのとおりだ。田辺プロ、下野プロなど著名なバスプロもヘラブナをやってるケースもある。


まぁ下野プロはあらゆる釣りをやってますけどね。


まぁ他にもいろいろ語りたいことがあるが、長くなりそうなので割愛する。
とにかく、ヘラブナ始めました、ということだけ今回は伝えておく。


おーっと、また引っ張りそうな雰囲気を出しましたが、「割愛」という言葉でうまく逃げましたね。


おまえの身体の一部も、今日割愛されたんだがな。。。


ん?どういうことっすか??


at 22:09, いたひろ, 聡と銀シリーズ

comments(0), trackbacks(0), - -

<聡と銀>ねことツイッター。

ぎーん、ぎんじろー。


へい、ようがす、アニキ。


久々の更新だ。


お、前回ひっぱった「クラウドとiCloud」についてですね。


今日のテーマはツイッターだ。


え?クラウドはどうなったんすか?


さて、世の中ツイッターがブームだ。


クラウドわーっ!?


だが、イマイチ使い方やメリットがわからないと言うヒトが多数だろう。


あぁもうだめっすね。。。わかりました。


しかしやってみたら意外とオモシロいので広めたいところなのだ。


要はご主人がツイッター仲間が欲しいから布教したいんすね。


うむ、それが本音だ。


ようやく会話のキャッチボールができた。
で、どういうモノなんすか?


まずはアカウントを登録して実際につぶやいてみるのがいいだろう。


なるほど、じゃあそーゆーテイで。
いくつかつぶやいてみました。


うむ、するとそのつぶやきが時系列で積み上がっていく。
この段階では「自分だけの掲示板」といったようなものだ。


そうですね。さみしいです。


ここからが醍醐味、他の人をフォローをしてみよう。
有名人でもいいし、友人でもいい。ユーザ名とかで検索をかけてみるんだ。


おす、じゃあアニキをフォローします。


するとオレのつぶやきが、銀の「自分だけの掲示板」状態のところに割り込んでくる。


たしかに。アッシとアニキのつぶやきが時系列に表示されるようになりました。


この時系列の一覧を「タイムライン」という。


B級映画のタイトルみたいっすね。


すなわち、自分と自分の気になるヒトのつぶやきを見ることができ、そのヒトの「今」を知ることができる。


なるほど。


ここで用語の解説。「フォロー」と「フォロワー」だ。銀はオレを今「フォロー」している。すなわちオレにとって銀は「フォロワー」となる。


ってことはアニキがアッシをフォローすれば、アニキはアッシのフォロワーってことですね。


そのとおりだ。友人同士ならフォローし合うのがいいだろう。ただ、有名人ならフォローすることはあってもフォローしてもらうことはあんまりないだろうな。


なるほど。友人同士でフォローし合えば、お互いの今を知ることが出来て、有名人の場合は一方的にフォローするだけになるけど、とりあえずそのヒトの今を知ることはできる、ってわけですね。


飲み込みが早いな。


じゃあこの「リツイート」ってのは何ですか?


うむ、正直そこまでよくわかってないので次回にまわそう。


え?まじすか?


とりあえず、iPhoneを持ってるヒトはツイッターをやってみよう!iOS5にアップデートすればツイッターアプリが使いやすくなってるからオススメだ。


まとめに入ってる。
引っ張ってもどうせクラウドと同じ末路を辿るんじゃ。。。


ちなみにご主人のユーザ名は「itahiro619」だ。探してみてほしい。
ではでは。


あー、引っ張っちゃった。。。




at 21:32, いたひろ, 聡と銀シリーズ

comments(0), trackbacks(0), - -

<総と銀>ねことiOS5。

銀「アーニキー、アーニキー、どこっすか〜?」


ここだ。


おわっ、完全にマットと同化してるじゃないすか。


ねこたるもの、ハンティングのためのカモフラージュを常に心がけるものだ。


えー、じゃあアッシはどこでカモフラージュすればいいすかね?


自分で探せ。で、なんだ?


あ、そうそう、iPhoneアプリでオモシロいの見つけたんすよ。


今更、そう目新しいものもないだろう。


いやいや、見てくださいよ、コレ。
「BeatGather」っていうKONAMIの音ゲーなんです。


鈴木あみか?


誰すか、ソレ?


・・・なんでもない。
しかし音ゲーか。それこそ今更だろー。


確かにゲーム自体は単純なんすけど、これなんとiPodの音源で遊べるんスよ。


な、なに!?ってことはもしや。。。。


そうっす、ミスチル遊びたいホーダイっす。


それはアツいな。


でしょ?しかも、曲のゲーム化はオートでも出来るし、自分で譜面を書くこともできるんです。さらには、まだちゃんと確かめてないすけど、誰かが作った譜面をダウンロードできるっぽいです。


ほほーお。


しかもアプリ自体は無料です。


すばらしい。よく見つけたな。


iOS5にバージョンアップして、iPhoneの変わり具合を確認してたら見つけました。
ま、ランキングの上位にあるんでもともと見つけやすいすけどね。


ふむ、iOS5か。前バージョンから結構変わったな。


そすね。変換の候補欄がデカくなって入力間違いが無くなりましたし、OS自体がツイッターアプリと連動して、ツイートがやりやすくなったり、ま、いろいろいい感じになってますね。


特筆すべきは、SMSで複数宛先として送られてきたメールを、ちゃんと複数宛先としてカテゴライズするところだな。


前のは個人宛か複数宛先に含まれているだけなのか分からなかったっすからね。 


しかし、Newsstandはとりあえず持て余してしまうな。


無料で購読できるオモシロ雑誌が見つかればいいんですけどね。


あと、話題のiCloudもアカウント登録したものの、全然使いこなせていない。


「くらうど」って何ですかね?


む、それを話すと長くなる。。。


じゃ次回のテーマにしましょう。
「iCloudとクラウド」っていうテーマで。


え?引っ張んの?


それまでiCloudをリサーチしておきましょう、アニキ。


え??まじで?






・・・メンドイ。。。

at 21:32, いたひろ, 聡と銀シリーズ

comments(0), trackbacks(0), - -

<聡と銀>ねこと脱獄と入獄。

アニキー、ご主人が脱獄したって話じゃないですかー。


あぁ、でもイマイチだったから再入獄しようとしているらしい。


ええっ!?どうゆうことっすか??
いつのまに犯罪を起こして、また再犯しようとしてるんですか!?


予想通りの反応だが、iPhoneの話だ。


iPhone?
で、脱獄??
そして入獄???
何が何やら。。。。


iPhoneは通常の状態では100%の機能を発揮していないのだ。
しかし、JailBreak、という手法でiPhoneの秘められた機能を解放することが出来る。これを通称「脱獄」という。


北斗神拳みたいすね。
そんなイイコトならみんなすればいいのに。


いや、デメリットもある。違法ではないが、iPhoneの正規の使い方ではないので、脱獄状態では保証対象外になる。


ほほおー、リスキーすね。で、具体的には何ができるんですか?


デザインをかなりの範囲で自分好みに変えられたり、テレビが観れたり、テザリングができたり、とかだ。ちなみにテザリングとは。。。


おおざっぱに言うと、端末のモデム化ですよね。


出た、横っちょの知識のみのねこ。


で、ご主人はいったん脱獄してみた、と。


うむ。しかし、脱獄したものの、好きなことするための手順が意外とメンドイのと、バッテリーの減りが加速したので、イマイチだなー、という印象だったとのこと。バッテリーの減りはある程度おさえられる方法もあるみたいだが。。。


で、やっぱり元に戻そう、と。


うむ。それが入獄だ。iPhoneを工場出荷状態に戻して、iTunesで復元するという方法だが、iTunesが古いバージョンだと復元ができないようだ。


何かとメンドイすね。


今まさにバージョンアップ中だが、MacBookAirのバッテリーが少なくなってきたのでハラハラしている。


ふむふむ、あ、ほんとだ。
ダウンロードにあと30分ほどかかるのにバッテリー残量が残り27分しかないすね。


超ギリギリだ。たった今モニターの輝度を最低にしたみたいだ。


ささやかな抵抗すね。


銀次郎、それよりこのメモを読んでくれ。


ん、何すか?えーっと、、、、
「iPhoneの脱獄はメリットもある一方、デメリットもあります。自己責任でおこなってください。」


うむ、そういうことだ。


何なんですか?


ではまた。


何なんすかー!?コレー!?

 

at 15:46, いたひろ, 聡と銀シリーズ

comments(0), trackbacks(0), - -

<聡と銀>ねこと100切り。

アニキー、ついにご主人が100切りしたんですってー。


お、情報が早いな、銀。ぎりぎりの99だったんだが、一応100切りだ。


で、100とか99とかって何の話ですか?


話放り込んでからのそもそも論、あいかわらずのナイスフリーダムだ。


ボーリングっすか?


だとしたらショボすぎる。ゴルフだ。


ゴルフっすか。どれくらいスゴイことなんですかね。


いやまぁ大してスゴイことではないが、初級者から中級者になったってところだ。


なんだ、そんなもんすか。


しかし、100が大きな壁であることも事実だ。100切りを目標とした教則本もあるくらいだからな。


なるほどー。でもコースが簡単だったってのもあるんじゃないすか。


正直それもある。一面フラットなコースだったから斜面でグダグダになるという展開がなかったってのも要因だ。


ふむふむ。


ただ、無駄に広くて長かった。パー5で600ヤード超のホールやパー3で200ヤード近いホールがあって、思わずプロか!?ってツッコミたくなるようなところだった。


そのへんはなんとかスコアを崩さずに切り抜けたってところなんですね。


いやむしろアドバンテージがあった。直前に仕入れたスプーンがいい仕事をしてくれて、600ヤードのホールもボギーで終えられたんだ。


スプーンすか。。。


あー、スプーンというのはだな、お前が思ってるのではなくて。。。


知ってますよ。3番ウッドのことでしょ。
1番ウッドをドライバー、2番をブラッシー、3番をスプーン、4番をバッフィー、5番をクリークと呼ぶんですよね。


出た。肝心なことは知らないくせに、横っちょの知識は豊富なねこ。


雑学ねこと呼んでください。


まぁそんな感じでめでたく100を切れた訳だ。


じゃー次の目標は90切りすね。


言うのは簡単だが、、、90切りってボギーペースだからな。。。


大丈夫スよ。ゴルフって自然のありのままを優先する競技っすよね。


そのとおりだが?


それは動物も含められていて、動物がボールにちょっかい出すのも、ありのままにってことですよね。


・・・おまえ、まさか。。。


ご主人の為なら、す。

at 23:19, いたひろ, 聡と銀シリーズ

comments(0), trackbacks(0), - -

<聡と銀>猫の惑星:創世記

 
アニキー、猿の惑星:創世記おもしろかったすね。
・・・ってアレ?ブログの感じがちょっと変わりましたね。


うむ、まぁ気分転換だ。


だいたい旧作の第4作「猿の惑星 征服」のリメイクって感じでしたね。


あれよりも当然ながらリアリティやスケールが増してたな。


シーザーが猿なのにだんだんイケメンに見えてきましたよ。


基本CGだろうけど、猿の表情の演出がうまいよな。


そして単なる不運な隣人っていう役回りだった人が最後にキーマンになってくるところに、なるほど感がありました。


あの終わり方は続編を意識しているようにも見えるし、そのまま前作のラストに繋がるという解釈もできる。巧妙だな。


でも、アレすね。旧作はおろか、リメイク版猿の惑星を見なくても十分おもしろいすね。


うむ、旧作へのオマージュ、たとえば「コーネリアス」という名前の登場、「NO!」という言葉とかかな、そーゆーのはあるものの、ストーリー自体は初見でもおもしろい。


そうなると、この映画の為に旧作・新作併せて6本も観たご主人っていったい。。。って感じすね。


完全なる徒労に終わったな。


アレ?今「うるせー」って声がどこからか。。。


ほっとけ。

at 22:35, いたひろ, 聡と銀シリーズ

comments(0), trackbacks(0), - -

<聡と銀>ねことスティーブ・ジョブズ。

 
聡「・・・銀次郎よ。今日のテーマはなんだ?」
銀「・・・えーっと、なんかスティーブ・ジョブズって人が亡くなったとか、なんとかっす。」


な、なにー!?もっと早く言え、そういうことは。あられもない格好で寝てる場合じゃないぞ!


そうなんすかー、珍しく取り乱しちゃって。で、誰なんですか?


Appleの創始者であり、iMac、iPod、iPhoneなんかを作り出した希代の天才だ。


そうだったんすか。ご主人もiPod、iPhone、MacBookAirとお世話になってますもんね。


なんかイマイチ危機感を感じないな。。。


ん〜、急に言われてもピンと来ないす。


そもそもだ。いわゆる汎用機が主流だったコンピュータ業界に個人用コンピュータ、すなわちパソコンという考え方を作った張本人と言っても差し支えない。そしてアイコンやウィンドウの形式をGUIとして採用し、コンピュータを飛躍的にユーザフレンドリーにしたのも彼の功績だ。


ふんふん。


さらにカセットテープやMDという媒体を使っていた音楽プレーヤーにもイノベーションを起こし、フラッシュメモリでの音楽ファイル保存を実現し、ポータブル音楽プレーヤーの流れを一気に変えた。


ほほー。


近年では携帯電話業界にも参入し、タッチパネル形式でほぼパソコンと変わらない機能を持つスマートフォンの走りを作ったのもスティーブ・ジョブズ氏だ。


なるほど。


今後、彼のいないIT業界ではイノベーションの速度が一気に減速するのでは、とオレは見ている。


へー。


・・・ものっそい温度差。なにこれ。


まぁとにかく偉大な人物が亡くなったってことすね。一緒に哀悼を捧げましょう。


うむ、そういうことだが、おまえがまとめるのは腑に落ちない。。。

at 23:41, いたひろ, 聡と銀シリーズ

comments(0), trackbacks(0), - -

<聡と銀>ねこの惑星。

 
アニキー、今日のテーマは「猿の惑星」ですぜー。



お、おぉ、久々の登場かと思ったら、いきなり本題か。



うす!
・・・・・で、なんでいまさら「猿の惑星」なんですか?



ハナシ放り込んでいきなり疑問形・・・・自由すぎるだろ、銀次郎。



まぁいいじゃないすか。
で、「猿の惑星」ですけど、もう40年くらい前の作品をなんで取り上げるんすかね。



うむ。じつはご主人が最近見た「世界侵略:ロサンゼルス決戦」の冒頭予告で、「猿の惑星 創世記(ジェネシス)」ってのがあってだな、それにちょっと惹かれてしまったんだ。



なるほど。それでオリジナルはもちろんのこと、最近リメイクされた猿惑も見たことがないご主人は、猿惑ジェネシスに先駆けて、昔の猿惑を見てみようと。



うむ、急な略称に相変わらずのフリーダムさを感じるが、まぁそういうことだ。



んで、どうだったんですか?



とりあえずTSUTAYAに行って猿惑を探してみたら驚くことに、リメイク版は一作だけだったものの、オリジナル猿惑はなんと5作もの長編シリーズだったのだ。



えー・・・・超しんどい。。。



ご主人の心境もまさにそんな感じだった。でもまぁどうせ見るなら全部見ようってことで、「猿の惑星」「続・猿の惑星」「新・猿の惑星」「猿の惑星・征服」「最後の猿の惑星」、そしてリメイク版の猿惑を一気に見た。



猿の惑星、ゲシュタルト崩壊っす。



で、内容のほどはというと、猿惑のオチは有名だから、面白さ半減だったものの、なるほどSF映画の金字塔なだけはある、といった感じだ。



さすがといったところすね。



うむ。ただなー。。。。VFXのしょぼさは技術的にしょうがないとしてもだ。。。構成とかスケールのちゃちさにちょっと閉口してしまう内容だなー。



特に4作目と5作目がって言ってましたね。



うむ。現代地球で如何にして猿が反乱を起こしたか、というプロセスは興味深いが、全部一都市内の話に終わってるし、たかだか数百の(ちょっと知能の高い)猿の軍勢に、自動小銃を持った軍隊が負けるって。。。



5作目の、生き残った人間とシーザー王率いる猿たちの戦いも一コミュニティ内の話ですしね。



ブレードランナーもそうだったが、これが40年前のクオリティなのか、って思うと、やっぱり映画は新しいほど面白いっていうミーハーな結論に達してしまう。



ってことはリメイク版の猿惑はよかったってことですか?



うむ。オリジナル猿惑のオチは周知の事実だから、別の結末が待っているっていう話は公開当初に耳にしたことがあって、なるほど確かにそう来たかって感じで、悪くなかった。



なんか含みがありますね?



鋭いな、銀。最近の映画だから総じて安心して見れたってのはあるものの、猿の惑星が発展した経緯が開始10分でわかってしまうのが難点。そして重要なのが、作品の中にポリシーが感じられなかった。



旧5作は、猿と人との関係や平等性、相互尊重とか、強いメッセージ性があったみたいすね。



うむ。リメイク版はそういったポリシーがまったく無いってことはないものの、ちょっと薄れている感じがした。



相対的な較差じゃないっすか?



ん?どういうことだ?



昔の映画はVFXやスケールが低い代わりに作品のメッセージ性を重視したってわけでして、最近の映画はそれらが進歩した結果、メッセージ性が埋もれて感じ取られにくくなったって考えです。



おまえは油断していると人間顔負けの切り込みを見せるな。。。



切り込み隊長と呼んでください。



まぁそんなこんなで、「猿の惑星ジェネシス」を見る準備が整ったってわけだ。



ジェネシスで出てくる最初の猿がシーザーって名前なのが熱いっすね。



うむ。シーザーはリメイク版には出てこなかった名前だ。もしかしたらジーラやコーネリアスも出てくるかもしれん。



出てきたら重要なキーモンキーすね。



何そのシーモンキーみたいな言い方。。。

at 16:46, いたひろ, 聡と銀シリーズ

comments(0), trackbacks(0), - -

<聡と銀>ねことマナー。

 
聡「・・・・・銀次郎よ。。。」
銀「なんすかぁ、アニキー。」


気怠い午後だな。。。


それアッシが前にやったやつです。


そうだっけ。なんかご主人からのテーマは無いのか?


いくつかストックがありますぜ。


何その準備周到さ。


アニキが聞いたんじゃないすかー。
まぁいいや、今日のテーマはマナーです。


ほぅ、かなりざっくりテーマだな。


テーマはざっくりですが、中身は具体的です。
ご主人はどうしても許せないマナー違反が2つあるそうです。


人がくつろいでるときにジャンピング噛み付きを仕掛けてくるヤツとか?


アッシは関係ねぇですよー。
「公共トイレでノックをしないヤツ」と「フォーク並びをしないヤツ」です。


なるほど、ひとつめはお腹を下しやすいご主人ならではの話だな。


コンビニやデパートの公共トイレで、いきなりドアをガチャガチャってやるヤツは何考えてんでしょうね。


うむ。まずノックをするのがマナーだな。いきなりガチャられたらびびっちゃうだろ。それにもし中の人が鍵をかけ忘れてたらどうすんだってな。そもそも鍵の色が変わるんだからそれを見ろと言いたい。


こないだなんか、いきなりガチャガチャってやられた後にコンコンってノックされたらしいですよー。


わけわからんな。。。


次はフォーク並びっす。


うむ。コンビニのレジに並ぶときはフォーク並びが絶対に効率いいし、先に並んだ人の方が会計が遅くなる現象を回避できるから、不満感も払拭できる。


なのにそれを無視しちゃうヤツがいるんですよねー。


店側がそれを促していないケースもあるからどっちもどっちだが、ちょっとの考える頭と気配りの心があれば解決できる問題のはず、なんだがな。


えーーしィィィィ


なんだ、どうした急に?


いや、なんとなく。

at 23:15, いたひろ, 聡と銀シリーズ

comments(0), trackbacks(0), - -