スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

釣れ釣れなる日々。

さて、先週末の連チャン釣りの結果を報告します。

まずは東京湾でのシーバスフィッシング。
大学の後輩に誘われて、乗合い(他グループも同船)の船で東京湾に繰り出しました。

後輩曰く、「ゴーマル、ロクマルがアホほど釣れる。」とのことで、半信半疑で行ったものの、本当に入れ食いでした。
とりあえず、推定ロクマルの写真を上げときます。


でかっ!

数も釣れるし、デカイのも釣れる。なんて魅力的な釣りでしょう。
今回はバス用ロッドを使用したんですが、早くもシーバス用ロッドを買う算段に入っています。


続いては、高滝のアベガイドサービス。
アベガイドサービスでは毎回イイ思いをしてるので、釣り師匠のイトコも連れて行ってあげようと思い、今回に至りました。

・・・が、ちょうど高滝がシブいタイミングだったらしく、まーうんともすんとも言わない。。。。
とりあえず、イトコに1本(阿部さんにも1本)来たのでなんとか面目躍如できたものの、高滝の爆発力はこんなもんじゃないので、またリベンジしたいです。。。。

ちなみに、あまりにも釣れない&終盤のボートトラブル発生により、最後の30分はワカサギ釣りに移行しました。
ワカサギはちょうどハイシーズンらしく、糸を入れれば釣れるの入れ食い状態。わずか30分で50尾は釣りました。

で、持って帰って家で唐揚げにしておいしくいただきました。

うまいよー、高滝のワカサギ。

at 16:08, いたひろ, 釣リバナシ

comments(0), trackbacks(0), - -

いつもの重装備がバカみたいだ。

 いつもはフル装備で気合入れて行ってる高滝湖ですが、今回はかる〜い気持ちでスタリオン+モグチャ、スティード+モジャオ(テキサス)だけ持って、さらっと攻めてみたら、いきなりモグチャで45オーバーが獲れました。しかもオカッパリで。

    

at 18:24, いたひろ, 釣リバナシ

comments(0), trackbacks(0), - -

アベガイドサービス結果!

先日のブログでお話ししたアベガイドサービスに行って来ました!

当日の天気予報としては、寒い&雨で少々ゲンナリせざるを得なかったものの、楽しみにしていたアベガイドサービス、まぁ気合入れていきましょう、ということでスタート。
さすがに3回目ともなると、ガイドの阿部さん、ゲストの私ともどもコナれた感じでトークを楽しみつつ、みたいな滑り出しで、まずは上流気味の岩盤エリアで、ハドルフライのダウンショットで2本ほどGET!



一人で来たときは1本とるのも非常に苦労してたのに、相変わらずアベガイドすげーなー、と思いつつ、さらにスーパーキラービルでもう一本GET!
と、立て続けに3本GETしたものの、非常にバイトが浅く、すっぽ抜け&バラシが実は多発しておりました。

このあと、予報どおり雨が降り出してテンションが下がると同時にバスの反応も悪くなってきて、夕方までノーフィッシュが続き、このまま終了か!?という怪しげな空気になりましたが。。。。

終了間際にスイートスポットを発見!
レインボーシャッドのノーシンカー、ワカサギ死に死にアクションにアホのようにバスが食いついてくるフィーバーに突入しました。もう投げりゃー釣れる、投げりゃー釣れるの入れ食い状態で、しかもリグ的にトップウォーター気味なのでバスのチェイス⇒バイトが丸見えの非常にエキサイティングな釣りでした。

いやー、夢のようなひと時でした。 

at 13:22, いたひろ, 釣リバナシ

comments(0), trackbacks(0), - -

アベガイドサービス!

ひさびさに釣りバナシ。

バス釣りの世界にもパスプロというプロがいます。
本場アメリカのバスプロはトーナメントでそれこそF1レーサー並みの賞金を稼ぐこともあるのですが、日本はそれに比べてとても小さい世界でトーナメントだけで食っている人はごく少数。というかトーナメントで賞金が出てるのかも怪しいところなのです。で、どうやってバスプロは生計を立てているかというと、フィッシングメーカーからのスポンサードを受けたり、ルアーをプロデュースしたり、DVDをリリースしたり、などなど。

そんな中で何人かのバスプロは副業的にガイドサービスをやっています。自分の得意なフィールドにゲストを招いてバスボートに乗せて、いいポイントを案内したり、シークレットテクニックを教授したり、とかいう感じです。

そんなガイドサービスに今年「も」申し込んでしまいました。
「も」というのは今年で3回目だから。イマカツプロスタッフの阿部進吾氏のガイドサービスです。

阿部進吾氏は(業界では)超有名選手で、バス釣りをやっている人で、この人を知らない人はモグリといっても過言ではありません。かのパワーフィネス、スピンコブラ、アベヤンマなどの生みの親で、私が神と崇めているバス釣りの神・今江克隆の次に尊敬している人物です。

そんな方が3年前から高滝湖でガイドサービスを始めたことを知った私は早速ガイドを申し込んだわけなのですが、それ以来毎年のように、ガイドサービスを頼んでいるのです。

バスアングラーにとっての阿部進吾氏は、あえて例えるなら、そう、高校球児のイチローみたいなもの、アマチュアミュージシャンのミスチルみたいなもの、売れない芸人の明石家さんまみたいなものです。
そんな人と一緒に釣りができるのは夢のような話なのは言うまでもありません。

しかも3回もリピートした結果、完全に向こうも私を覚えていてくれて、ガイド依頼メールを送ったところ、「毎年この時期になったらガイドを依頼してくるあの〇〇さん」という感じの返信メールが届きました。それに対してほっとくのもアレなのでさらに返信したら、さらにフレンドリーな応答が!!


もはやメル友。


・・・・と思ってもいいですか?

at 18:58, いたひろ, 釣リバナシ

comments(0), trackbacks(0), - -

#13



タイトル考えるのがめんどくさすぎて、ただの通番になりそうです。。。

さて、今年のJBトップ50ですが、、、
先々週の土日に第3戦の野尻湖戦が終了して、応援するイマカツチームの阿部ちゃんが最下位だったのが残念。ただイマカツチームのトップ今江先生は16位、悪くない。
今年の第3戦までの獲得ポイントを集計すると、今江先生70p、阿部ちゃん55pとなる。昨年の結果を見ると、総合優勝が218pだから、残り2戦でこの数字は不可能だな〜(1戦MAX50p)。
でもエリート5に関して言えば、JBトップ50の年間成績30位以内でその出場権が得られる(投票対象となる)ことを考えると、だいたい120p以上あればいけるから今江先生は射程距離ないだろう。阿部ちゃんは残り2戦を両方とも20位以内で決めなければ厳しいな。。。

いずれにしても次の桧原湖戦が楽しみです。

今江先生について
http://www.imakatsu.co.jp/profile/imae_prof.html

阿部ちゃんについて
http://www.imakatsu.co.jp/profile/abe_prof_07.html

at 23:47, いたひろ, 釣リバナシ

comments(0), trackbacks(0), - -

途中ブランクはあるものの20周年。

バスがメイン。
釣り歴20年のうち、18年バスの追っかけをしている。
常に釣りのことで脳みそがほぼ埋まっていて、あまりにも自分の中で日常となっているため、ここで「はじめに」と称して、釣りについて・バスについて・経験について、イチから語り始めるのがわずらわしい。。だもんで、初回からマニアックなハナシで始まります。。

テムジングランドシリーズ。
今江先生が今年発表したテムジンシリーズの中でちょっと気になるのは、グランドスタリオン・グランドコブラ・グランドエアリアル・グランドスティンガー。グランドシリーズと称し、各オリジナルテムジンを陸っぱり用にリビルドしたロッドで、ブランクスが長くなっているらしい(他にも特徴があるかも)。クロスファイア製法のスタリオンと超打撃系ロッドのコブラを同シリーズにまとめるのはちょっと違和感があるが、そんなことよりも、コブラが世に出てから数年が経つが、いまだにその名を冠する新作ロッドが出現することに、コブラの基本性能の高さをうかがうことができる。確かに、そのバーサタイル性、キャストアキュラシー、トルクなど非常に文句のつけようがない(高ぇけど)。手持ちの初代コブラはいまだに現役です。

ところで、基本的にトーナメンターの今江先生がここにきて陸っぱり用ロッドを開発するとはコレ如何に?

たぶん、村上晴彦氏に触発されたような気がする。以前ルアマガで対談&同船企画があってから、どうもツネキチ先生にインスパイアされたのでは?と。フィッシングショーでも談話していたしね。
何にしても、ボートを持たない人間としては、ちょっと気になるロッドではある。が、たぶん手を出すことはないだろね。。。竿持ちすぎだし。

あと、テムジンカレイドシリーズも気になるなぁ。。。

at 20:41, いたひろ, 釣リバナシ

comments(0), trackbacks(0), - -