スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

<聡と銀>ねことFacebookと風呂。

銀「アニキ、久しぶりの更新ですぜ。」
聡「うむ、それはいいが、なんでカメラ目線なんだ?」

 
アニキだってそうじゃないすか。

まぁたまにはファンサービスもいいだろう。最近ダレすぎだ。

ファンて。。。

しかし、久しぶりの更新と言えど、ご主人のトレンドが別のSNSに移ってしまったから、こっちはまたおざなりになるだろうな。

あー、Facebookすか。

うむ。ブログよりお手軽だし、Twitter的機能もあってTwitterより画像が見やすい。何よりiPhoneとの親和性も高いからな。

あと、このブログより見てくれるヒトが確実に多いってのもありますね。

このブログを見てくれてる人は、ご主人が知る限り、T.I.氏とT.I.氏しかいないからな。

奇しくもイニシャル一緒。

それよりおまえ、元旦から災難だったな。

えぇ、ついに風呂に落ちましたよー。

風呂に落ちてこそ、一人前のネコだ。

どういう基準すか。

何を思って風呂にダイブしたんだ?

風呂蓋の上にいるアニキにくっつこうとして、風呂桶のへりにジャンプしたら勢いが付きすぎて跳び箱感覚で風呂に落ちました。

あほすぎるな。

んで、アッシを救出しようとしてくれたご主人の掌を、パニクってたんで思いっきり引っ掻いてしまいました。

なんか新しい手相が出来たとかワケワカランことをご主人が言ってたな。

その新しい手相のおかげで金運が上昇して翌日のパチで10万円ほど勝ったらしいすよ。

ポジティブシンキングだな、おまえもご主人も。


at 13:14, いたひろ, 聡と銀シリーズ

comments(0), trackbacks(0), - -

ダミー投稿

前の記事のレイアウトがくっちゃくちゃ。。。
でもこれを投稿したら直るかな?
というわけで、ダミー投稿、っと。 

at 17:37, いたひろ, 日々バナシ

comments(0), trackbacks(0), - -

アレルギー論

 聡次郎と銀次郎があまりの寒さで布団から出てこないので、
久々に自ら筆をとろうと思います。

さて、自分はアレルギー体質である。スギ花粉症は当然ながら押さえていて、その他、イネ・ブタクサ・カモガヤ・セイタカアワダチソウなどなど各種の花粉を取り揃えております。なので、程度の差こそあれ、基本的に一年中なんらかの花粉症状態。加えて、果物のおよそ半分は食べると口の中が痒くなる果物アレルギーも持っている。そんな自分が人生三十余年の中で構築したアレルギー論を展開するとともに、持論を広げて世相を斬ろうと思う。

自分がアレルギー体質であることは昔から把握していたものの、果たしてどんなアレルゲンがあって、程度のほどはいかほどだろう、というのは詳細まで把握していなかった。なので数年前に病院でアレルギー検査なるものを受けてみた。結果として前述のアレルゲンが判明した訳だけれども、特筆すべきはニャンコ。ネコ上皮に対してもアレルギーを持っていたのである(ちなみにワンコは無いみたい) 。ネコ上皮とはネコの毛、老廃した皮膚(垢?)、爪などのこと。医者からは「ネコは飼ってはいけません。」とドクターストップがかかったほどである。

「・・・ネコ飼ってんじゃん。」うむ、当然のツッコミである。言い訳のしようも無く、純粋に医者の忠告を無視しました。それほど、ニャンコ大好き、ワンコ大好き、動物大好きなのだ。で、実際飼ってみて分かったことは、「アレルギーはショック療法で治る!」ということ。これが今日最も言いたいこと。確かに飼い始めの頃は、疲労がたまっているときとかにネコと戯れると、喘息っぽい症状が出たのは事実であるが、半年もすると、ネコが顔の上に乗っかったまま一晩過ごしても、何ら体調の変化はないレベルになった。おそらくアレルギーが直ったのでは?と解釈している。病院に行って確認した訳ではないので完全に自己診断ではあるが、仮に病院に行った結果の診断内容がどうあれ、自分のこの身体の変化は確たる事実であることに間違いない。強制的にネコのアレルゲンを毎日身体に取り込むことによって、ショック療法的に改善したのである。

この事実を裏付ける話をテレビから仕入れた。ピーナッツアレルギーの人がそれを治すための治療法として最近注目されているのが、「微量のピーナッツを毎日経口摂取して身体を慣らす」というもの。何ということか!完全に我がネコ療法と同じ手法ではないか。やはり、アレルギー対策として最も効果的かつ根本的なのは、アレルゲンを徹底的に忌避する「飴」的対処ではなく、身体に負荷を与えて慣らしていく「鞭」的対処であるという確信を得た。

では、自分のその他のアレルギーも同様の手法で治るはず、と思ったが、花粉系のアレルゲンは一年のうちの一定期間しか存在しないし、果物もさほど大好物というわけではなく、食えなくてもいいや的なスタンスになっちゃってるので、いまいちモチベーションが上がらず。でも果物アレルギー対策として果物を毎日食べてると、ダイエットにも良さそうなので、前向きに検討します。

とまぁそんな感じで対アレルギー鞭療法が効果的であるという考えに至った訳であるが、その理論を持って世の中を見回してみると、ここ十数年、数十年の世の流れはアレルギー患者を大量生産する方向に向かっている、ということが分かる。その流れとは、抗菌・殺菌・滅菌の流れである。正確にはもちろん菌とアレルゲンは別物であるが、いずれにしても身体に悪そうなものは徹底的に排除するという現代の思考は甚だ嘆かわしい。「菌には善玉菌もいる」ということを言いたい訳ではない。たとえ悪玉菌でもアレルゲンでも人間は柔軟に対応できるだけの免疫力と適応力を兼ね備えているということを言いたいのである。にも関わらず、人は生まれた瞬間から無菌室に入れられ、子供のうちから抗菌グッズを使い、殺菌し、滅菌していく。そりゃー人に本来備わっている自然への対処力も落ちて、アレルギー体質にもなるわー。もっと逞しく生きていこうよ、人間達よ。とはいえ、そんな理論どころが自我すらない新生児の段階からいきなり無菌室に入れられるので土台ムリな話だし、無菌室に入れる医学的理由もちゃんとあるんだろうけどね。

まぁそんなことを思ってる訳ですよ。この辺の意見は、サナダムシを健康のために自分で飼っちゃってた藤田教授(うろ覚え)と同じような見解だと思います。以前、同教授の考えに触れたことがああります。

というわけで、さっきも言ったけど、最終的に言いたいのは、逞しくなろう、人間!ってことです。
逞しくなろう、人間!
がんばろう、人間!
がんばろう、日本!(←?)

at 21:41, いたひろ, 日々バナシ

comments(0), trackbacks(0), - -

<聡と銀>ねこと去勢とヘラブナ。

銀「いやー寒くなりましたねー、アニキー。」
聡「・・・・。」


そういえばツイッターの「リツイート」の件はやっぱり済し崩しですか?


・・・・それよりも、なんか雰囲気が変わったな、銀次郎。


そうですか?


うむ、なんとなーくだけどな。なんかあったか?


いや、特に。。。あ、そういえば今日どこも悪くないのにご主人に病院に連れて行かれました。


あぁ、確かに長いこと銀の姿を見かけなかったな。


で、病院で急に眠たくなっちゃったんですけど、目が覚めたら股のあたりがスースーしてるんですよね。


なるほど、「アレ」か。もうそんな時期か。


え?なんですか?


いや、まぁ何だ、大人になるための通過儀式を終えたってことだ。


寝てる間にですか?何があったんですか?


ん、知るとちょっとヘコむから知らないままでいい。
で、今日のテーマはだな。。。


あー、やっぱりリツイートは無しんこっすね。。。


聡「これだ。」
銀「なんすか、この魚。」


ヘラブナだ。
ご主人が新しい釣りジャンルを開拓したのだ。


えー、ただのフナじゃないっすかー。


いや、ヘラブナ釣りはただのフナ釣りとは訳が違うぞ。


その辺の用水路にご飯粒つけてヒョイヒョイ釣れるわけじゃないんですか?


うむ、淡水の3大ゲームフィッシュの一つと言っても過言ではない。
バス、トラウト、そしてヘラブナだ(ご主人談)。


バス並みに戦略性が高いってことすね。


そのとおりだ。田辺プロ、下野プロなど著名なバスプロもヘラブナをやってるケースもある。


まぁ下野プロはあらゆる釣りをやってますけどね。


まぁ他にもいろいろ語りたいことがあるが、長くなりそうなので割愛する。
とにかく、ヘラブナ始めました、ということだけ今回は伝えておく。


おーっと、また引っ張りそうな雰囲気を出しましたが、「割愛」という言葉でうまく逃げましたね。


おまえの身体の一部も、今日割愛されたんだがな。。。


ん?どういうことっすか??


at 22:09, いたひろ, 聡と銀シリーズ

comments(0), trackbacks(0), - -

<聡と銀>ねことツイッター。

ぎーん、ぎんじろー。


へい、ようがす、アニキ。


久々の更新だ。


お、前回ひっぱった「クラウドとiCloud」についてですね。


今日のテーマはツイッターだ。


え?クラウドはどうなったんすか?


さて、世の中ツイッターがブームだ。


クラウドわーっ!?


だが、イマイチ使い方やメリットがわからないと言うヒトが多数だろう。


あぁもうだめっすね。。。わかりました。


しかしやってみたら意外とオモシロいので広めたいところなのだ。


要はご主人がツイッター仲間が欲しいから布教したいんすね。


うむ、それが本音だ。


ようやく会話のキャッチボールができた。
で、どういうモノなんすか?


まずはアカウントを登録して実際につぶやいてみるのがいいだろう。


なるほど、じゃあそーゆーテイで。
いくつかつぶやいてみました。


うむ、するとそのつぶやきが時系列で積み上がっていく。
この段階では「自分だけの掲示板」といったようなものだ。


そうですね。さみしいです。


ここからが醍醐味、他の人をフォローをしてみよう。
有名人でもいいし、友人でもいい。ユーザ名とかで検索をかけてみるんだ。


おす、じゃあアニキをフォローします。


するとオレのつぶやきが、銀の「自分だけの掲示板」状態のところに割り込んでくる。


たしかに。アッシとアニキのつぶやきが時系列に表示されるようになりました。


この時系列の一覧を「タイムライン」という。


B級映画のタイトルみたいっすね。


すなわち、自分と自分の気になるヒトのつぶやきを見ることができ、そのヒトの「今」を知ることができる。


なるほど。


ここで用語の解説。「フォロー」と「フォロワー」だ。銀はオレを今「フォロー」している。すなわちオレにとって銀は「フォロワー」となる。


ってことはアニキがアッシをフォローすれば、アニキはアッシのフォロワーってことですね。


そのとおりだ。友人同士ならフォローし合うのがいいだろう。ただ、有名人ならフォローすることはあってもフォローしてもらうことはあんまりないだろうな。


なるほど。友人同士でフォローし合えば、お互いの今を知ることが出来て、有名人の場合は一方的にフォローするだけになるけど、とりあえずそのヒトの今を知ることはできる、ってわけですね。


飲み込みが早いな。


じゃあこの「リツイート」ってのは何ですか?


うむ、正直そこまでよくわかってないので次回にまわそう。


え?まじすか?


とりあえず、iPhoneを持ってるヒトはツイッターをやってみよう!iOS5にアップデートすればツイッターアプリが使いやすくなってるからオススメだ。


まとめに入ってる。
引っ張ってもどうせクラウドと同じ末路を辿るんじゃ。。。


ちなみにご主人のユーザ名は「itahiro619」だ。探してみてほしい。
ではでは。


あー、引っ張っちゃった。。。




at 21:32, いたひろ, 聡と銀シリーズ

comments(0), trackbacks(0), - -

<総と銀>ねことiOS5。

銀「アーニキー、アーニキー、どこっすか〜?」


ここだ。


おわっ、完全にマットと同化してるじゃないすか。


ねこたるもの、ハンティングのためのカモフラージュを常に心がけるものだ。


えー、じゃあアッシはどこでカモフラージュすればいいすかね?


自分で探せ。で、なんだ?


あ、そうそう、iPhoneアプリでオモシロいの見つけたんすよ。


今更、そう目新しいものもないだろう。


いやいや、見てくださいよ、コレ。
「BeatGather」っていうKONAMIの音ゲーなんです。


鈴木あみか?


誰すか、ソレ?


・・・なんでもない。
しかし音ゲーか。それこそ今更だろー。


確かにゲーム自体は単純なんすけど、これなんとiPodの音源で遊べるんスよ。


な、なに!?ってことはもしや。。。。


そうっす、ミスチル遊びたいホーダイっす。


それはアツいな。


でしょ?しかも、曲のゲーム化はオートでも出来るし、自分で譜面を書くこともできるんです。さらには、まだちゃんと確かめてないすけど、誰かが作った譜面をダウンロードできるっぽいです。


ほほーお。


しかもアプリ自体は無料です。


すばらしい。よく見つけたな。


iOS5にバージョンアップして、iPhoneの変わり具合を確認してたら見つけました。
ま、ランキングの上位にあるんでもともと見つけやすいすけどね。


ふむ、iOS5か。前バージョンから結構変わったな。


そすね。変換の候補欄がデカくなって入力間違いが無くなりましたし、OS自体がツイッターアプリと連動して、ツイートがやりやすくなったり、ま、いろいろいい感じになってますね。


特筆すべきは、SMSで複数宛先として送られてきたメールを、ちゃんと複数宛先としてカテゴライズするところだな。


前のは個人宛か複数宛先に含まれているだけなのか分からなかったっすからね。 


しかし、Newsstandはとりあえず持て余してしまうな。


無料で購読できるオモシロ雑誌が見つかればいいんですけどね。


あと、話題のiCloudもアカウント登録したものの、全然使いこなせていない。


「くらうど」って何ですかね?


む、それを話すと長くなる。。。


じゃ次回のテーマにしましょう。
「iCloudとクラウド」っていうテーマで。


え?引っ張んの?


それまでiCloudをリサーチしておきましょう、アニキ。


え??まじで?






・・・メンドイ。。。

at 21:32, いたひろ, 聡と銀シリーズ

comments(0), trackbacks(0), - -

<聡と銀>ねことラバジとジグヘッド。

銀「アニキー、これなんすか?」
聡「ラバジだ。」


あぁ、ラバージグすか。


お、博識だな、銀。


もちろんすよ、フィッシャーマンご主人の飼い猫っすから。


じゃ、今日の釣り話にも付いて来れるな。


あたぼうす。


先日、久しぶりにご主人は高滝釣行を敢行したらしい。


秋爆のシーズンすからねー。


うむ。アベガイドの日々の釣果もいい感じっぽかったからな。


シャッド爆釣じゃないですかね。


と思うだろ?いざ魚探をかけてみると、シャッドのターゲットである中層のバスがどうも散らばってて、的を絞りきれない。


スクールがありそうなもんですけどね。


うむ。それがイマイチ見当たらない。
一方でボトムに付いてるバスはちらほら見かける。


冬のパターンに近いすね。


その通りだ。しょうがないんで、デジーノでジグヘッドのハゼハゼアクションに切り替えたんだ。


完全に冬の釣りすね。


バイトも冬のバイトだった。ソリッドティップじゃないと捉えきれないほどのショートバイトを獲るっといた感じになった。


しょっぱいすねー。


で、なんとかコシキで1フィッシュ1バラシ、道路下で1フィッシュをもぎとった。


まぁでも悪くない結果じゃないすか。


うむ。ご主人もそう思った。一人釣行でこれなら、その日も浮いてた阿部ちゃんの方はボコボコだろうと思った。


違うんですか?


終了後に阿部ちゃんと会話するタイミングがあったので、話を聞いてみると、最近コンディションよかったはずなのに、その日は最悪のタフな状況だったらしい。


お、意外すね。


そんな状況でなんとか魚を獲れたご主人は、阿部ちゃんには申し訳ないが、ちょっと嬉しかった。


でしょうねー。


魚の状況を鑑みて、いち早く冬パターンに切り替えた判断力と、ショートバイトを獲るための瞬発力。ここにきてご主人の釣り技術がさらに増したようだ。


まぁ魚探とデジーノがあってこそですけどね。


まぁそうだがな。


じゃアッシらも瞬発力きたえましょう!
さっきのラバジを使って、ゴキブリや蚊を捕獲する練習っす。


そうだな。


じゃアニキ、見本を見せてください。
こないだ蚊を捕らえたときのように。


うむ、よく見とけよ。


 
わくわく。


聡「こうだっ!」
銀「はやっ!」

at 13:18, いたひろ, 日々バナシ

comments(0), trackbacks(0), - -

<聡と銀>ねこと脱獄と入獄。

アニキー、ご主人が脱獄したって話じゃないですかー。


あぁ、でもイマイチだったから再入獄しようとしているらしい。


ええっ!?どうゆうことっすか??
いつのまに犯罪を起こして、また再犯しようとしてるんですか!?


予想通りの反応だが、iPhoneの話だ。


iPhone?
で、脱獄??
そして入獄???
何が何やら。。。。


iPhoneは通常の状態では100%の機能を発揮していないのだ。
しかし、JailBreak、という手法でiPhoneの秘められた機能を解放することが出来る。これを通称「脱獄」という。


北斗神拳みたいすね。
そんなイイコトならみんなすればいいのに。


いや、デメリットもある。違法ではないが、iPhoneの正規の使い方ではないので、脱獄状態では保証対象外になる。


ほほおー、リスキーすね。で、具体的には何ができるんですか?


デザインをかなりの範囲で自分好みに変えられたり、テレビが観れたり、テザリングができたり、とかだ。ちなみにテザリングとは。。。


おおざっぱに言うと、端末のモデム化ですよね。


出た、横っちょの知識のみのねこ。


で、ご主人はいったん脱獄してみた、と。


うむ。しかし、脱獄したものの、好きなことするための手順が意外とメンドイのと、バッテリーの減りが加速したので、イマイチだなー、という印象だったとのこと。バッテリーの減りはある程度おさえられる方法もあるみたいだが。。。


で、やっぱり元に戻そう、と。


うむ。それが入獄だ。iPhoneを工場出荷状態に戻して、iTunesで復元するという方法だが、iTunesが古いバージョンだと復元ができないようだ。


何かとメンドイすね。


今まさにバージョンアップ中だが、MacBookAirのバッテリーが少なくなってきたのでハラハラしている。


ふむふむ、あ、ほんとだ。
ダウンロードにあと30分ほどかかるのにバッテリー残量が残り27分しかないすね。


超ギリギリだ。たった今モニターの輝度を最低にしたみたいだ。


ささやかな抵抗すね。


銀次郎、それよりこのメモを読んでくれ。


ん、何すか?えーっと、、、、
「iPhoneの脱獄はメリットもある一方、デメリットもあります。自己責任でおこなってください。」


うむ、そういうことだ。


何なんですか?


ではまた。


何なんすかー!?コレー!?

 

at 15:46, いたひろ, 聡と銀シリーズ

comments(0), trackbacks(0), - -

珍しく本人直筆。

 初戦、4戦ありましたが、1勝3敗に終わりました。

2勝2敗くらいまではいけそうな気がしたんですが。。。

こうなるとなんとか勝ち取った星一つを大事にしながら戦っていかなくてはならないです。

2勝してたら、次戦で1戦は攻め、1戦は守りで行けたんだけどなー。。。

守りの戦いはオモシロくないです。

まぁ堅実にいきたいと思います。

(何の話かはご想像にお任せします。)

at 13:34, いたひろ, 日々バナシ

comments(0), trackbacks(0), - -

<聡と銀>ねこと100切り。

アニキー、ついにご主人が100切りしたんですってー。


お、情報が早いな、銀。ぎりぎりの99だったんだが、一応100切りだ。


で、100とか99とかって何の話ですか?


話放り込んでからのそもそも論、あいかわらずのナイスフリーダムだ。


ボーリングっすか?


だとしたらショボすぎる。ゴルフだ。


ゴルフっすか。どれくらいスゴイことなんですかね。


いやまぁ大してスゴイことではないが、初級者から中級者になったってところだ。


なんだ、そんなもんすか。


しかし、100が大きな壁であることも事実だ。100切りを目標とした教則本もあるくらいだからな。


なるほどー。でもコースが簡単だったってのもあるんじゃないすか。


正直それもある。一面フラットなコースだったから斜面でグダグダになるという展開がなかったってのも要因だ。


ふむふむ。


ただ、無駄に広くて長かった。パー5で600ヤード超のホールやパー3で200ヤード近いホールがあって、思わずプロか!?ってツッコミたくなるようなところだった。


そのへんはなんとかスコアを崩さずに切り抜けたってところなんですね。


いやむしろアドバンテージがあった。直前に仕入れたスプーンがいい仕事をしてくれて、600ヤードのホールもボギーで終えられたんだ。


スプーンすか。。。


あー、スプーンというのはだな、お前が思ってるのではなくて。。。


知ってますよ。3番ウッドのことでしょ。
1番ウッドをドライバー、2番をブラッシー、3番をスプーン、4番をバッフィー、5番をクリークと呼ぶんですよね。


出た。肝心なことは知らないくせに、横っちょの知識は豊富なねこ。


雑学ねこと呼んでください。


まぁそんな感じでめでたく100を切れた訳だ。


じゃー次の目標は90切りすね。


言うのは簡単だが、、、90切りってボギーペースだからな。。。


大丈夫スよ。ゴルフって自然のありのままを優先する競技っすよね。


そのとおりだが?


それは動物も含められていて、動物がボールにちょっかい出すのも、ありのままにってことですよね。


・・・おまえ、まさか。。。


ご主人の為なら、す。

at 23:19, いたひろ, 聡と銀シリーズ

comments(0), trackbacks(0), - -